FC2ブログ
トーマス電車だ~!
2008 / 01 / 27 ( Sun )
三条大橋今週末は夫が社員旅行で沖縄に行ってて留守なので(なんで社員旅行が金・土・日なんだ~??)ベビごると二人で京都へ行ってきました。

友達と丹波橋で待ち合わせをして、近鉄⇒おけいはんに乗り換えて市内にでるコース。
お京阪丹波橋駅の改札の手前で、ベビごるが「トーマス電車」の看板を発見して吸い寄せられて行く。駅員さんに「トーマス電車ってなんですか?」と聞いてみたら、「次のトーマス電車は約15分後の出町柳行きですよ」とのこと。
「どんな電車か分からんけど、ちょうど行く方向も同じやし、しょぼいかもしれんけどせっかくやから待ってみよう」ということになって、ホームで待ってたら・・・

トーマス電車がやってきた!!うわ~~~!
ほんまにトーマスの電車がきた~~!!
きゃ~、スゴイ!スゴイ!!期待以上!
ベビごる以上に、大人が興奮(^^;;) トーマス電車とベビごるのナイスショットを撮ろうと、友達も一緒にもう必死。

いや~、それにしても、なかなかすごいトーマス電車でした。7両編成の車両が、こんな感じで、それぞれが1番トーマスから7番のトビーまでの車両になってるんです。
トーマス電車のトーマストーマス電車のゴードン
トーマス電車のパーシートーマス電車のジェームス


走り去るトーマス電車に、バイバイするベビごるの哀愁漂う後姿・・偶然こんな電車に乗れて、なんてラッキーなのかしらん♪♪
しかも、このトーマス電車、夏から走ってたらしいけど、残念ながら今日までなんだとか。『ありがとう、さようなら、また会う日まで。。』って書いてありました(T_T)
こんなスゴイ電車が走ってるなんて知ってたら、もっと何回も乗りにきたのにぃ。ほんと、是非また会いたいなぁ。

一乗寺けいぶんしゃトーマス電車にバイバイしてから、叡山電鉄に乗り換えて、一乗寺へ。
友達オススメの本屋さんに連れて行ってもらいました。
本屋さんとは思えないような素敵な建物。ちょっと、イギリスの本屋さんみたい?!
大きな本屋さんではないけど、置いてある本のセンスが良い感じ。おしゃれな雑貨も色々ありました。
買った絵本たちベビごる連れなので、絵本コーナーくらいしかゆっくり見れなかったけど、気に行った絵本を3冊購入。
つきのぼうや」 「たいせつなこと」 「アイウエ王とカキクケ公

プレゼントなあに?」はお友達からのプレゼント♪

ボーネルランドその後出町柳に戻り、再びトーマス電車に乗って、三条に移動。
いつもいく三条BALのボーネルンドで、ベビごるが遊んでる間に、大人は休憩(^^;)

祇園裏の国際通りその後、遊びつかれたベビごるが寝てる間に晩ご飯(^o^;)祇園の裏に、韓国料理のお店が何軒か並んでる通りがあって、そこに連れて行ってもらいました♪

韓日亭カルグクスと、スントゥブチゲと、石焼ビビンバを食べたけど、どれもちゃんと韓国の味で、つきだしの小皿も全部美味しかった~~!

京都の穴場(?)を大満喫した一日でした(^-^)
スポンサーサイト



テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:育児

11 : 50 : 54 | ベビごる | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<ポジャギが出演している映画☆ | ホーム | キムチのニオイ>>
コメント
 NO SUBJECT

>かよこさん
トーマス電車を見ても泣かないどころか、「写真なんか撮らんと、早くトーマス電車に乗りたい!」と主張するまでに成長しております~。

>ごんざれすさん
かけっこ一等賞の勢いで、鉄ちゃんへの道をまっしぐらに走って入るような気が。。v-398 いつぞや「弟子入りしたい」と言い出した日には、どうか丁稚奉公先に・・・ m(_ _)m

>shigeさん
これをみてなぜか興奮してくれるだなんて、やっぱりshigeさんも男の子のママさんだな~と思いましたv-344ちなみにトーマスの仲間たちの名前は何人ほど覚えましたか?(笑)

>Lucyさん
そうなのです、さすが日本。もちろんライセンス?表示はちゃんとしてたよ~。それにしてもイギリス人もビックリなくらい力作の電車、ずっと走らせとけばいいのにもったいない。それほどライセンス料が高いのかな???
「つきのぼうや」、Lucy家にもあったのね!ほんと、あの長さだからこその絵本よね。^^

>Kuuさん
偶然の出来事にベビごるも嬉しかっただろうけど、ベビごるが嬉しいのが嬉しい親バカの私が大興奮しちゃったv-10
京都のボーネルンドは0~2歳児用のスペースもあるから、はるちゃんでも大丈夫かも。 京都に出かける機会があったら、子供の気分転換&親の休憩に寄るにはバッチリかも♪

>いちこさん
”妊婦はくじに当たりやすい”ときいて早速妊娠中にロトを買ったら、「数字があとひとつ違ったら20万円くらい当たってたのに~!」という結果だった、微妙にアタリ兼ハズレな運がありそうな親子です(笑)
この電車も、もっと早くに知ってたらゆうきママにも連絡できたのに~。なぜに、よりによって最終日に知ることになるのさ??

>アカさん
そうやろ~?私ももっと早くに知ってたら・・と、悔やんだ悔やんだ。今回は7月から走ってたみたいやから、来年もまた夏には京阪要チェックよ!!
で、近いうちに遊びに行ってもいい?また連絡させてね♪

>後藤さま
初めまして、コメントありがとうございました!恥ずかしいだなんてとんでもないです~。お幸せそうな様子が伝わってくるようでほのぼのしてしまいましたv-392
日々時間におわれる生活で、申し訳ないんですけど、なかなか個人的なメールでのご相談にまでは応えられそうにありませんが、ご結婚までの手続き、うまくいくように祈っていますね!最近は日韓国際結婚も増えて、以前よりはスムーズに行くみたいですよ!

>あいうえおさま
リンクしてくださったそうでありがとうございます!
またそちらにもお邪魔させてくださいね!!
by: Mrs.Gold * 2008/02/11 03:13 * URL [ 編集] | page top↑
 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/02/10 16:54 * [ 編集] | page top↑
 NO SUBJECT

はじめまして。
神戸に住む3月に韓国の彼とまず入籍する後藤百合子と申します。
私は55歳で彼は40歳です(ちょっと恥ずかしいです)
去年からあなたのブログを拝見してとても参考になっております。
これからもたぶん日本に住むと思うのですがまたメールなどで教えて頂きたいのですがー
by: 後藤百合子 * 2008/01/28 19:14 * URL [ 編集] | page top↑
 NO SUBJECT

韓国から、おからえり♪
なかなかに満喫してきたみたいで羨まし~い。

トーマスの電車のこと、
もっと早くわかってたら私も乗りに行ったのに…
くやし~~~(T.T
あんなん、子どもたち乗せてあげたら大喜びの大絶賛やのに、ほんとにくやしいわ。
ボーネルンドの遊び場も楽しそうやし、べびごる君、京都と満喫したやろうねぇ。。
by: アカタライ * 2008/01/28 15:51 * URL [ 編集] | page top↑
 NO SUBJECT

ななな、なんと!日本にもこんな電車が!
ユウキママはたぶん知らないんだろうな…と教えてあげたいと思ったら「今日まで」(T。T)うああ、ユウキよ、お前はホントに間の悪いコだよ…

でもホント、ラッキーでしたね!
さすがはベビゴル、強運の持ち主に違いないっ(母ゆずり?)
by: いちこ * 2008/01/28 11:19 * URL [ 編集] | page top↑
 NO SUBJECT

なんて素敵な京都の一日!
きっとべびごるくんも大興奮だったでしょうね。

ボーネルンド一回いってみたいんですよね~
まだ遥を連れて行くには早いかなぁ、
京都までの電車が・・・・もう少し近ければ。

先に韓国料理デビューさせようかな。
by: kuu * 2008/01/28 09:12 * URL [ 編集] | page top↑
 NO SUBJECT

トーマス電車、イギリス人もビックリ!?
日本人のことだからライセンス(っていうのか?)はちゃんと取ってそうだけどねー・・・。べびごるくんも嬉しいびっくりだったね!

「つきのぼうや」うちにもあります。あの版型がまたかわいいよね。あの形じゃないと語れないお話。読み終わってうなってしまいましたよ。
by: Lucy * 2008/01/28 05:30 * URL [ 編集] | page top↑
 NO SUBJECT

このトーマス電車、すご~い!
私も写真を見てなぜか興奮しましたv-10
最終日でも、乗れてラッキーでしたね~!
京都の休日、楽しそう!
by: shige * 2008/01/28 03:22 * URL [ 編集] | page top↑
 NO SUBJECT

ん!ベビごるちゃんの嗅覚すごいですね。鉄ちゃん道まっしぐら??
(私の背後でまた騒いでいる人がいます!)
このトーマス電車、親しみやすくて良いですね。
しかも、運行の最終日だったとはラッキーv-218

今度は京の街の韓国料理♪ これまた美味しそ~!
by: ごんざれす * 2008/01/27 18:17 * URL [ 編集] | page top↑
 NO SUBJECT

べびごる君、もうトーマス電車を見ても泣かないんですね。成長した!
by: かよこ * 2008/01/27 16:05 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bokjyumoni.blog54.fc2.com/tb.php/164-ba5bfe07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |